So-net無料ブログ作成

尾瀬ヶ原見晴 下山の頃の湿原と木道その2 シグマ60mm F2.8 DN [尾瀬ヶ原のようす]

スポンサードリンク






今日の天気予報は晴れです。なので、尾瀬沼へ設備の修理に行ってきます。
この前の雪はもうなくなったのではないでしょうか。


勝手なミラーレス一眼の撮り方とレビューとダメ作例の話しです。

前回の記事と同じ日に撮った画像です。今度は60mm(120mm相当)の単焦点です。
当然ながら写せる範囲が狭まるので、構図に悩みます。
こういうレンズで風景写真を撮る人もあまりいないと思いますが。

風景写真は普通、もっと広角なレンズで撮るんでしょうけど、あえて単焦点しか持っていかず、しょうがなくて撮った写真でも、後で見ると面白い写真もあります。
(自己満足の話しですよ)

2014.10.27撮影 尾瀬ヶ原(福島県域)
_A270001R.jpg
オリンパスOM-D E-M5 シグマ60mm F2.8 DN

朝、早起きして湿原へ、あまり撮るものもないのですが、とりあえず燧と木道をとりました。雪があるわけでもなく、特別寒い日でもありませんでした。
なんか中途半端な風景です。
はじめはガスっていたのに日が高くなると徐々に消えていきます。
もう営業している山小屋もほとんどなく人もあまりいません。

2014.10.27撮影 尾瀬ヶ原(福島県域)
_A270011R.jpg
オリンパスOM-D E-M5 シグマ60mm F2.8 DN

見晴集落は静かです。


話しは変わりますが、今年オコジョと遭遇したときに持っていたカメラとレンズの組み合わせがこの組み合わせです。オコジョ撮影と相性がいいのかもしれませんね。
いや、まぐれかな。



スポンサードリンク




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0